版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
緋の河 桜木 紫乃(著/文) - 新潮社
..

緋の河

発行:新潮社
四六変型判
縦191mm 横132mm 厚さ31mm
重さ 558g
544ページ
定価 2,000円+税
ISBN
9784103277255
Cコード
C0093
一般 単行本 日本文学、小説・物語
出版社在庫情報
不明
初版年月日
2019年6月25日
書店発売日
登録日
2019年5月14日
最終更新日
2019年6月25日
このエントリーをはてなブックマークに追加

書評掲載情報

2019-09-14 朝日新聞  朝刊
評者: 斎藤美奈子(文芸評論家)
2019-09-08 東京新聞/中日新聞  朝刊
評者: 能町みね子(エッセイスト、漫画家)
2019-07-07 毎日新聞  朝刊
評者: 川本三郎(評論家)

紹介

男として生まれた。でも、あのおねえさんみたいな、きれいな女の人になりたいな――。蔑みの視線も、親も先生も、誰に何を言われても関係ない。「どうせなるのなら、この世にないものにおなりよ」。その言葉が、生きる糧になった。カルーセル麻紀さんのことを、いつか絶対に書きたかった、という熱い思いが物語から溢れ出る。

上記内容は本書刊行時のものです。