版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
不良老人の文学論 筒井 康隆(著/文) - 新潮社
..

不良老人の文学論

発行:新潮社
四六変型判
縦191mm 横132mm 厚さ25mm
重さ 423g
304ページ
定価 1,700円+税
ISBN
9784103145332
Cコード
C0095
一般 単行本 日本文学、評論、随筆、その他
出版社在庫情報
不明
初版年月日
2018年11月20日
書店発売日
登録日
2018年10月15日
最終更新日
2018年11月20日
このエントリーをはてなブックマークに追加

書評掲載情報

2019-01-13 産經新聞  朝刊

紹介

好々爺よりも、頑固爺になる方を断然選ぶ。憎みたい人はどうぞ憎んでください! 老人よ、すべからく不良たるべし――。筒井康隆84歳、大江健三郎、ウンベルト・エーコ、蓮實重彥など世界文学最前線から現代日本の気鋭作家までを縦横に論じ来り、小松左京や井上ひさしや丸谷才一を追悼し、自作の創作裏話を打ち明け、宗教や老いをも論じ去る。巻末にロング・インタビューも附す、巨匠14年ぶりのエッセイ集。

上記内容は本書刊行時のものです。