版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
ふたりぐらし 桜木 紫乃(著/文) - 新潮社
..
新潮文庫

ふたりぐらし

文庫
このエントリーをはてなブックマークに追加
発行:新潮社
文庫判
縦151mm 横106mm 厚さ10mm
重さ 142g
288ページ
定価 590円+税
ISBN
978-4-10-125484-5   COPY
ISBN 13
9784101254845   COPY
ISBN 10h
4-10-125484-2   COPY
ISBN 10
4101254842   COPY
出版者記号
10   COPY
 
Cコード
C0193
一般 文庫 日本文学、小説・物語
出版社在庫情報
不明
初版年月日
2021年3月1日
書店発売日
登録日
2021年1月25日
最終更新日
2021年2月19日
このエントリーをはてなブックマークに追加

書評掲載情報

2021-05-08 東京新聞/中日新聞  朝刊
2021-04-17 朝日新聞  朝刊
評者: 新井見枝香(書店員)

紹介

元映写技師の夫・信好は、看護師の妻・紗弓と二人暮らし。映画脚本家の夢を追い続けて定職はなく、ほぼ妻の稼ぎで食べている。当の妻は、余裕のない生活で子供を望むこと、義母との距離、実母との確執など、家族の形に悩む日々だ。幸せになるために生涯を誓ったはずなのに、夫婦とは、結婚とは、一体何だろう。夫婦が夫婦になっていく“家族のはじまり”を、夫と妻交互の視点で描く連作短編集。

上記内容は本書刊行時のものです。