版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
つかふ 鷲田 清一(著/文) - 小学館
..

つかふ 使用論ノート

発行:小学館
四六判
262ページ
定価 2,000円+税
ISBN
9784093888059
Cコード
C0095
一般 単行本 日本文学、評論、随筆、その他
出版社在庫情報
不明
初版年月日
2021年1月19日
書店発売日
登録日
2020年12月16日
最終更新日
2021年1月13日
このエントリーをはてなブックマークに追加

書評掲載情報

2021-02-20 毎日新聞  朝刊
評者: 張競(明治大学教授・比較文学)
2021-02-13 毎日新聞  朝刊

紹介

「つかう」を巡る、かくも深く、多様な論考

「つかう」という言葉の様相をさまざまな観点から考え抜いた一冊。道具をつかう、出汁につかう、楽器をつかう……、同じ「つかう」でも、その意味はさまざま。この単語を契機に、意味を探り、使われ方の変遷を辿り、哲学はもちろん、民俗学、芸術学、料理本まで関係書物を渉猟し、考えを深めていきます。著者は、2015年4月から朝日新聞の朝刊に「折々のことば」を連載中の、現代哲学の第一人者である鷲田清一氏。「つかう」を巡り、ひとをつかうから始まり、道具の使用、民芸での意味の変遷、多種多様な身体用法、武道でのかけひき、保育・介護の場面での展開、ペットとのつきあい、ひとと楽器の関係など具体的な場に即して、徹底的に考え抜いた哲学エッセイで、鷲田ワールド全開の一冊です。ひとを、道具を、楽器を、衣服を、ペットを……、「つかう」を介して人はどのように、ひとと、社会と、世界と拘わっているのかを深く考察します。カバー写真と文中には、現代写真の先端で作品を発表し続ける、ヴォルフガング・ティルマンスの写真を採用。アートにも親和性の高い一冊です。

【編集担当からのおすすめ情報】
「折々のことば」の筆者が、短い論考では追い切れない、徹底的に考え抜いた「つかう」を巡る一。ヴァルフガング・ティルマンスのカバー写真も、日本の書籍に初採用。ハッと眼をひく装幀です。

上記内容は本書刊行時のものです。