版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
活劇映画と家族 筒井 康隆(著/文) - 講談社
..

書店員向け情報

9784065245507
講談社現代新書

活劇映画と家族

このエントリーをはてなブックマークに追加
発行:講談社
新書判
176ページ
定価 840円+税
ISBN
978-4-06-524550-7   COPY
ISBN 13
9784065245507   COPY
ISBN 10h
4-06-524550-8   COPY
ISBN 10
4065245508   COPY
出版者記号
06   COPY
Cコード
C0274
一般 新書 演劇・映画
出版社在庫情報
不明
書店発売日
登録日
2021年6月23日
最終更新日
2021年7月9日
このエントリーをはてなブックマークに追加

書評掲載情報

2021-09-11 毎日新聞  朝刊
評者: 三浦雅士(評論家)
2021-08-21 東京新聞/中日新聞  朝刊
2021-08-21 日本経済新聞  朝刊
MORE
LESS

紹介

巨匠筒井康隆が書き下ろす『活劇映画と家族』は文化と人間性を考察する意欲作である。
筒井氏が長い時間をかけて見続けてきた活劇映画には、ロマンと家族愛とアクションが織り込まれ、究極の娯楽であり、また人間模様が明確に打ち出されていると氏は断言する。
本書は新書の枠を超えて、混乱の第2次世界大戦前夜から復興の時を迎えた映画全盛期につくり出された活劇映画の魅力と溢れるヒューマニティを痛快に描きつくす氏の集大成となる作品である。
ハンフリー・ボガードやジョン・ウエイン、ジェームズ・キャグニーなどの主演男優、キャサリン・ヘップバーン、ローレン・バコールら主演女優のみならず脇役陣の多彩な魅力にも触れつつ、ハワード・ホークス、ジョン・ヒューストンなど監督の魅力にも迫る視点も独特で、まさに巨匠の傑作である。

目次

   家族と疑似家族
 一 「白熱」「血まみれギャング・ママ」「前科者」
 二 ハワード・ホークス監督「ハタリ!」の疑似家族
 三 ジョン・ヒューストンに始まるボギーの一族
 四 西部劇の兄弟

著者プロフィール

筒井 康隆  (ツツイ ヤスタカ)  (著/文

1934年大阪市に生まれる。57年同志社大学文学部卒業。作家。65年にSF小説『東海道戦』を処女出版。以後『家族八景』『大いなる助走』などで人気を集める。80年代は前衛的な方向に展示「虚人たち』で泉鏡花賞を受賞。『夢の木坂分岐点』(谷崎純一郎生受賞)、『朝のガスパール』(日本SF大賞)、『わたしのグランパ』(読売文学賞)、『モノドの領域』(毎日芸術賞)、2002年に紫綬褒章、2010年に菊池寛賞を受章。主な作品に『アフリカの爆弾』『時をかける少女』『虚航船団』『残像に口紅を』『文学部唯野教授』『誰にもわかるハイデガー』『ジャックポット』『世界はゴ冗談』などがある。

上記内容は本書刊行時のものです。