版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
十八世紀京都画壇 蕭白、若冲、応挙たちの世界 辻 惟雄(著/文) - 講談社
..
詳細画像 0
講談社選書メチエ

十八世紀京都画壇 蕭白、若冲、応挙たちの世界

発行:講談社
四六判
248ページ
定価 1,700円+税
ISBN
9784065143209
Cコード
C0370
一般 全集・双書 芸術総記
出版社在庫情報
不明
書店発売日
登録日
2018年12月27日
最終更新日
2019年2月5日
このエントリーをはてなブックマークに追加

書評掲載情報

2019-03-23 (予定) 朝日新聞  朝刊
2019-03-16 日本経済新聞  朝刊
評者: 澤田瞳子(作家)
2019-03-10 毎日新聞  朝刊
評者: 磯田道史(国際日本文化研究センター准教授・日本近世近代史)

紹介

蕪村や応挙、若冲、蘆雪に蕭白。ほぼ同時期、同じ地に豊かな才能が輩出した。旧来の手法から抜けだし、己の個性を恃んで、奔放に新しい表現を打ちだす。十八世紀の京都は、まさにルネサンスの地であった。「奇想」の美術史家・辻惟雄は、彼らの作品に向き合い、多数の論考を遺している。それらを抜粋し、作品の解釈から時代背景や人物像にも迫ってゆく。あの時代の京都を、彩りをもって甦らせる試みである。


蕪村や応挙、若冲、さらに蘆雪に蕭白。ほぼ同時期、同じ地に豊かな才能が輩出した。彼らは旧来の手法から抜けだし、己の個性を恃んで、奔放に新しい表現を打ちだす。多士済々、百花繚乱。十八世紀の京都は、まさにルネサンスの地であった。「奇想」の美術史家・辻惟雄は、彼らの作品に向き合い、多数の論考を遺している。それらを抜粋し、作品の解釈から時代背景や人物像にも迫ってゆく。あの時代の京都を、彩りをもって甦らせる試みである。

目次

 

著者プロフィール

辻 惟雄  (ツジ ノブオ)  (著/文

辻 惟雄(つじ・のぶお)
一九三二年愛知県生まれ。東京大学文学部美術史学科卒業。東京大学大学院博士課程中退。美術史家。東北大学教授、東京大学教授、多摩美術大学学長、千葉市美術館館長、MIHO MUSEUM館長などを歴任。現在、東京大学、多摩美術大学名誉教授、MIHO MUSEUM顧問。
主な著書に、『奇想の系譜』『奇想の図譜』(ともにちくま学芸文庫)、『日本美術の歴史』(東京大学出版会)、『奇想の発見:ある美術史家の回想』(新潮社)、『辻惟雄集』(岩波書店、全六巻)、『若冲』(講談社学術文庫)ほか。

上記内容は本書刊行時のものです。