版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
みだれ髪の系譜 芳賀 徹(著) - 講談社
...
講談社学術文庫

みだれ髪の系譜

発行:講談社
縦160mm
398ページ
価格情報なし
ISBN
9784061588462
出版社在庫情報
不明
初版年月日
1988年10月
登録日
2016年5月21日
最終更新日
2016年5月21日
このエントリーをはてなブックマークに追加

書評掲載情報

2019-09-08 毎日新聞  朝刊
評者: 持田叙子(日本近代文学研究者)

紹介

くろ髪の千すぢの髪のみだれ髪…与謝野晶子が謳いあげた女の黒髪、その官能の源流を追って、著者は蕪村、新古今へと溯行し、さらに西欧に目を転ずる。流れる髪の妖艶美は、東西の19世紀末画家達の好んで描くところでもあった。日本人の心に受け継がれた、切々たる情緒の流れを縦糸に、西洋との邂逅を横糸に、あでやかに織りなす詩と絵画の比較文化史。晶子論に新境地を拓く表題論文ほか、荷風、浮世絵等をめぐる論考を収録する。

目次

1 詩の十字路(みだれ髪の系譜-蕉村・晶子・アールヌーヴォー
かなしい遠景-ビアード博士と朔太郎
淡青い空-立原道造の手紙から
六月のユートピア-茨木のり子の詩一篇)
2 訳詩のなかの日本(秋の歌-日本と西洋
「ぴあの」の詩-永井荷風とヴェルレーヌ)
3 ヨーロッパをこえて(ルソーの桃源郷-サン・ピエール島の「間適」
ズライカ讃歌-ゲーテの『西東詩集』より)
4 異郷の日本美術(コネティカットの大正版画
オクラホマの若沖
ライデンの川原慶賀)
5 夜半亭のほとり(パクス・トクガワーナ〔徳川の平和〕
徳川日本を映す小さな詩群
おもたき琵琶-蕪村の発句
夜半亭蕪村の手紙
蕪村とラルボー-夜明けの詩
蕪村・大祇・白雄-俳諧を「読む」
口腹の俳諧・幸福の文芸)

上記内容は本書刊行時のものです。