版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
ミネルヴァとマルス 下 昭和の妖怪・岸信介 中路啓太(著/文) - KADOKAWA
..

ミネルヴァとマルス 下 昭和の妖怪・岸信介

四六変型判
400ページ
定価 1,850円+税
ISBN
9784041074268
Cコード
C0093
一般 単行本 日本文学、小説・物語
出版社在庫情報
不明
初版年月日
2019年3月29日
書店発売日
登録日
2019年2月1日
最終更新日
2019年3月13日
このエントリーをはてなブックマークに追加

書評掲載情報

2019-09-08 毎日新聞  朝刊

紹介

巣鴨プリズンから生還し、政界に蘇った男の激闘――。

いまに連なる「昭和」に、何が起きたのか?
真の独立国家再建を目指した政治家・岸を通じて描く、渾身の歴史小説!

A級戦犯容疑で投獄されたものの、不起訴処分で巣鴨プリズンから釈放された岸信介。
大国のエゴとエゴがぶつかり合う戦後世界において、岸は文人政治家として、日米安全保障条約の改定や、自主憲法の制定、二大政党制の実現を目指して動き出す。
だがそこには、途方もない困難が立ちはだかる。
アメリカの野望。マスメディアの批判。自宅まで押し寄せるデモ隊。党内外の争い。そして弟・佐藤栄作のもとで勢力を伸ばす田中角栄――。

昭和六十二年、満九十歳でこの世を去るまで政治の表裏に関わり、「昭和の妖怪」と呼ばれた男の波乱の生涯!

目次

下巻 目次

  第十五章 幽囚の日々  
  第十六章 鮪は巣鴨にかぎる  
  第十七章 主権回復  
  第十八章 大いなる挫折  
  第十九章 嘘も方便  
  第二十章 鳩山内閣誕生  
  第二十一章 両岸と呼ばれて  
  第二十二章 乃公出でずんば  
  第二十三章 宰相の座 
  第二十四章 躓き  
  第二十五章 昨日の敵  
  第二十六章 五月十九日  
  第二十七章 退陣  
  第二十八章 車夫馬丁の類 
  第二十九章 昭和の妖怪

著者プロフィール

中路啓太  (ナカジケイタ)  (著/文

1968年、東京都生まれ。東京大学大学院人文社会系研究科博士課程を単位取得の上、退学。2006年、「火ノ児の剣」で第1回小説現代長編新人賞奨励賞を受賞しデビュー。2010年、『己惚れの砦』で第31回吉川英治文学新人賞の候補に。2015年、『もののふ莫迦』が本屋が選ぶ時代小説大賞を受賞。2016年、『ロンドン狂瀾』で第7回山田風太郎賞の候補になる。他著に『裏切り涼山』『豊国神宝』『傾国 もうひとつの楊貴妃伝』『獅子は死せず』『三日月の花 渡り奉公人渡辺勘兵衛』『うつけの采配』『GHQ』がある。

上記内容は本書刊行時のものです。