版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
食べものから学ぶ世界史 平賀 緑(著/文) - 岩波書店
..

書店員向け情報

9784005009374
岩波ジュニア新書 937

食べものから学ぶ世界史 人も自然も壊さない経済とは?

新書
このエントリーをはてなブックマークに追加
発行:岩波書店
新書判
縦172mm 横105mm 厚さ13mm
重さ 170g
196ページ
定価 820円+税
ISBN
978-4-00-500937-4   COPY
ISBN 13
9784005009374   COPY
ISBN 10h
4-00-500937-9   COPY
ISBN 10
4005009379   COPY
出版者記号
00   COPY
Cコード
C0233
一般 新書 経済・財政・統計
出版社在庫情報
不明
初版年月日
2021年7月20日
書店発売日
登録日
2021年6月10日
最終更新日
2021年7月16日
このエントリーをはてなブックマークに追加

書評掲載情報

2021-09-04 東京新聞/中日新聞  朝刊
評者: 内山節(哲学者)
2021-08-14 日本経済新聞  朝刊
MORE
LESS

紹介

砂糖や小麦粉など身近な食べものから「資本主義」を解き明かす! 産業革命、世界恐慌、戦争、そしてグローバリゼーションと「金融化」まで、食べものを「商品」に変えた経済の歴史を紹介。気候危機とパンデミックを生き延びる「経世済民」を考え直すために。

目次

はじめに

序章 ● 食べものから資本主義を学ぶとは
 食と農の現実
 食べるための働き方も変わった
 資本主義とは
 食べものから世界経済の成り立ちを学ぶ

1章 ● 農耕の始まりから近代世界システムの形成まで
 農耕の「神話」と穀物の役割
 大航海時代と重商主義
 資本主義と産業革命の始まり
 砂糖の世界史
 小麦粉も世界商品に
 英国中心の第1次フードレジーム

2章 ● 山積み小麦と失業者たち(世界恐慌から米国中心世界の成立まで)
 自由放任主義による競争と過剰生産
 作りすぎて「恐慌」に
 戦争特需と景気の過熱から世界恐慌へ
 大恐慌への新しい政策対応

3章 ● 食べ過ぎの「デブの帝国」へ(戦後~1970年代までの「資本主義の黄金時代」)
 大きな政府の下で「資本主義の黄金時代」
 農業・食料でも大量生産+大量消費
 「デブの帝国」:安くした穀物で糖分・油・肉・乳製品を
 米国中心の第2次フードレジーム

4章 ● 世界の半分が飢えるのはなぜ?(植民地支配~1970年代「南」の途上国では)
 「飢餓」:その現状
 「南」における食と資本主義の歴史
 「緑の革命」:工業的農業モデルを途上国に輸出
 まとめ

5章 ● 日本における食と資本主義の歴史(19世紀の開国~1970年代)
 近代前の「糧飯(かてめし)」
 開国と近代国家建設プロジェクト
 近代的な日本食品産業の誕生
 第一次世界大戦~第二次世界大戦(1914~1945年)
 戦後日本の食と経済
 日米政府と業界による消費増進キャンペーン
 小麦粉や油を多用する食品産業の発展
 まとめ

6章 ● 中国のブタとグローバリゼーション(1970年代~現在)
 1970年代初めのショック
 新自由主義とグローバリゼーション
 中国のブタが世界を動かす?
 日系総合商社のグローバル戦略
 日本政府も日系企業のグローバル展開を後押し
 第3次フードレジーム?

おわりに 気候危機とパンデミックの時代に経済の仕組みを考え直す
 お金では計れない「大切なモノ」を見直す

主な参考文献
あとがき

上記内容は本書刊行時のものです。