版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
詩人・菅原道真 大岡 信(著/文) - 岩波書店
..
岩波文庫 緑202-4

詩人・菅原道真 うつしの美学

文庫
このエントリーをはてなブックマークに追加
発行:岩波書店
縦148mm 横105mm 厚さ10mm
重さ 130g
236ページ
定価 600円+税
ISBN
978-4-00-312024-8   COPY
ISBN 13
9784003120248   COPY
ISBN 10h
4-00-312024-8   COPY
ISBN 10
4003120248   COPY
出版者記号
00   COPY
 
Cコード
C0192
一般 文庫 日本文学詩歌
出版社在庫情報
不明
初版年月日
2020年10月15日
書店発売日
登録日
2020年9月10日
最終更新日
2020年10月14日
このエントリーをはてなブックマークに追加

書評掲載情報

2021-04-03 毎日新聞  朝刊
評者: 荒川洋治(現代詩作家)
2020-11-28 朝日新聞  朝刊
評者: 山田航(歌人)

紹介

日本の文化伝統のなかには「うつしの美学」がきわめて深い根拠をもって生きている。「うつし」とは「移し」。すなわち、あるものを別のものに成り入らせ、その動勢と調和に美を見出す精神の活動である。菅原道真の詩は、その「うつし」が生んだ、最もめざましい古代的実例であった。和歌の詩情を述志の漢詩に詠んだ詩人を論じる。(解説=蜂飼 耳)

目次

はじめに――「うつし」序説
1 写実主義はなぜ勝利しなかったか
2 「うつし」という言葉
3 「移し」という行動的理念
4 「移り」――蕉風俳諧の重要な概念
5 「なぞらえる文学」
6 異質なものの連結
7 漢詩人・菅原道真

Ⅰ 菅家のうつしは和から漢へ――修辞と直情 その一
1 菅原道真研究史
2 漢と和の統合
3 『新撰万葉集』の「うつしの美学」
4 漢詩の修辞と和歌の修辞
5 「述志の詩」としての漢詩文
6 実用的な写実的な散文精神

Ⅱ 修辞のこうべに直情やどる――修辞と直情 その二
1 「詩を吟ずることを勧めて、紀秀才に寄す」
2 「阿満を夢みる」
3 「中途にして春を送る」
4 「花鳥」と悲愁

Ⅲ 詩人の神話と神話の解体――修辞と直情 その三
1 「寒早十首」
2 道真追放の理由
3 貧苦の描写
4 白居易「春の深きに和す」
5 同時代人・菅原道真

Ⅳ 古代モダニズムの内と外
1 詩人の達観
2 漢詩文から大和言葉文芸へ
3 大宰府における道真
4 「奥州なる藤使君を哭す」
5 「叙意一百韻」
6 漢語世界と叙事的精神への接近

あとがき
解説 菅原道真を現代へ連れてくる……………蜂飼耳

上記内容は本書刊行時のものです。