版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
戦士の食卓 落合 博満(著/文) - 岩波書店
..
詳細画像 0

戦士の食卓

文芸
このエントリーをはてなブックマークに追加
発行:岩波書店
四六判
縦188mm 横129mm 厚さ24mm
重さ 334g
206ページ
定価 1,500円+税
ISBN
978-4-00-061464-1   COPY
ISBN 13
9784000614641   COPY
ISBN 10h
4-00-061464-9   COPY
ISBN 10
4000614649   COPY
出版者記号
00   COPY
 
Cコード
C0095
一般 単行本 日本文学、評論、随筆、その他
出版社在庫情報
不明
初版年月日
2021年4月14日
書店発売日
登録日
2021年3月10日
最終更新日
2021年4月15日
このエントリーをはてなブックマークに追加

書評掲載情報

2021-05-29 朝日新聞  朝刊
評者: 押切もえ(モデル・文筆家)

紹介

好きなものは、カレーライス、鍋焼きうどん、芋焼酎。鍋料理で夏バテを防ぎ、試合前には大福2つ――。偉大な記録の背後には、けっしてブレない食への信念、そして信子夫人の創意工夫があった。スタジオジブリ『熱風』好評連載エッセイを書籍化。人間・落合博満の心と体の原動力が明らかになる、プロ野球ファン必読の1冊。

目次

1 そのトマトはどんな味?
食べるのも仕事/最後の晩餐──秋田の米/食とは腹をいっぱいにすること

2 「心技体」ではなく「体技心」
選手の食事への気配り/農耕民族の日本人と肉食の欧米人の違い/炭酸水を飲んで驚かれる/食べることに神経質になり過ぎないほうがいい

3 三冠王の生みの親
好き嫌いが多い人/夕食の買い出しに付き合わせた効果/たった一度の「不味い」

4 現役生活を誰よりも長く続けるための食事
三冠王を手にした頃からの食──鍋料理/夏バテを防ぐ「お煮かけ」

5 監督時代の選手の食生活への目配り
監督・コーチと一緒に夕食を摂りたがらない選手たち/「郷に入れば郷に従う」外国人選手/食事が気持ちを整え、食べる楽しみを生む

6 酒の効用
秋田県産芋焼酎『だんぶり長者』に出会う/酒とは上手く付き合いながら、生きてきた/自由を奪われる感覚?──飲み会という空間/飲み会は、他者の知恵を借り新たな着想を得る時間

7 息子と孫たちへの食育
和歌山県の落合博満野球記念館での食コミュニケーション/カレールウをつまみに酒を飲む/自分たちが育った時代の感性を大事に孫も教育する

8 人と器
監督が選手をふさわしい器に入れるタイミング/野球人・落合博満のプロデューサーとして、器に時間も費用もかける/高級な食器を普段使いする効用/器を熟知した人の導き

9 酒飲みの甘党
『渡辺のジュースの素』が、甘党の起源?/餡子を家で作る、パンの上に粒餡をのせて食べる/甘味との付き合い方にも自分自身の生活にも責任を持つ

10 偉大な食の主役・漬物
野菜の漬物、ハタハタの塩漬け、樽職人──秋田・冬の記憶/野菜嫌いで漬物も好まずだったが、浅漬けなら/「穏やかで幸せだ」と感じながら、鰻と奈良漬けを食べる

11 スポーツ選手の力の源、肉
日本人の肉食文化/パチンコで雀を獲る/一流のメジャー・リーガーはビーフ、マイナー・リーガーはハンバーガーやチキン/「食の太い選手は大成する」

12 コロナ禍の食事と日本人
「何か食べられればいい」から「好きな物を食べたい」へ/何かを突き詰める満腹感より、他者からの評価による満足感/三食規則正しく、そして禁酒──コロナ禍で私のライフスタイルも変化

あとがき

上記内容は本書刊行時のものです。