版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
誰がネロとパトラッシュを殺すのか : 日本人が知らないフランダースの犬 塩崎 香織(訳) - 岩波書店
...

誰がネロとパトラッシュを殺すのか : 日本人が知らないフランダースの犬

発行:岩波書店
B6判
縦190mm
200,10ページ
価格情報なし
ISBN
978-4-00-061085-8
出版社在庫情報
不明
初版年月日
2015-12-10
登録日
2016年2月2日
最終更新日
2016年2月2日
このエントリーをはてなブックマークに追加

書評掲載情報

2019-03-09 日本経済新聞  朝刊
評者: 井上章一(風俗史家)
2016-02-07 朝日新聞

紹介

イギリス人作家が、なぜフランダース地方を舞台に悲しい物語を書いたのか。本国ベルギーでは、なぜ人々に受け入れられなかったのか。アメリカで作られた5本の映画は、なぜハッピーエンドに書き換えられたのか。日本にはどのように紹介され、1975年のテレビシリーズはなぜ大成功したのか。そして、悲しいストーリーの『フランダースの犬』が今も日本で愛され続けている理由とは。

目次

第1章 悲劇を描いたウィーダの悲劇
第2章 ハッピーエンドに変えるアメリカ人
第3章 アニメに涙する日本人
第4章 ネロとパトラッシュはどこにいる?-プロダクトとしての『フランダースの犬』
第5章 悲しい結末を愛する日本人-パッチワークとしての『フランダースの犬』

上記内容は本書刊行時のものです。