版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
南の島のよくカニ食う旧石器人 藤田 祐樹(著/文) - 岩波書店
..
岩波科学ライブラリー 岩波科学ライブラリー

南の島のよくカニ食う旧石器人

発行:岩波書店
B6判
144ページ
定価 1,300円+税
ISBN
9784000296878
Cコード
C0345
一般 全集・双書 生物学
出版社在庫情報
不明
書店発売日
登録日
2019年8月3日
最終更新日
2019年8月24日
このエントリーをはてなブックマークに追加

書評掲載情報

2019-09-08 読売新聞  朝刊

紹介

日本の人類史でもっとも古く、長く、そして謎の多い旧石器時代。何万年もの間、人々はいかに暮らしていたのか。えっ、カニですか……!? ウナギを釣り、貝のビーズでおしゃれして、旬のカニをたらふく食べる。沖縄の洞窟遺跡の膨大な遺物から見えてきた、旧石器人のなんとも優雅な生活を、見てきたかのようにいきいきと描く。

目次

はじめに
年表
地図


1 むかしばなしの始まり――人類誕生,そしてヒトは沖縄へ
 新参者の私たち/アフリカからの偉大な旅/旧石器時代のヒトと暮らしを考える/主人公はどんな姿か?/なぜか沖縄で見つかる旧石器人/港川人――1970年代の大発見/骨から考える旧石器時代/豊かな森の厳しい暮らし?/なぜ島にとどまったのか
 ◆コラム 山下町第一洞穴遺跡

2 洞窟を掘る――沖縄に旧石器人を求めて
 鍾乳洞で遺跡を探す/最初の調査,ハナンダガマ/次は武芸洞/穴があったら入りたい人たち/そしてサキタリ洞へ/カニ,カニ,カニ,カニ/掘り続ける日々/人骨が出た!?/年代測定の難しさ/おそろしく悩ましい決断/嬉しい誤算
 ◆コラム 遺物の古さを測る方法
 ◆コラム 見つけてしまったお墓

3 カニとウナギと釣り針と――旧石器人が残したもの
 沖縄で旧石器を見つけた!/またしてもカニ/貝は割れていた/旧石器人のビーズ/世界最古の釣り針発見!/釣ったはずの魚を探せ/魚の捕まえ方/食べたもの,食べられなかったもの/どうして焼けるのか/きれい好きな旧石器人?/夜の川沿いの動物たち/ヘビやトカゲも食べた!?/小動物のある食卓
 ◆コラム 魚介類を味わう人々

4 違いのわかる旧石器人――「旬」の食材を召し上がれ
 食べるべきイノシシは山ほどいる/大きなモクズガニの謎/カワニナから季節がわかる!?/黒いカワニナは焼けていた/やっぱり秋だった!/季節に合わせた採食戦略
 ◆コラム カワニナを食べる人々

5 消えたリュウキュウジカの謎
 沖縄の絶滅シカたち/ヒトが食べた証拠はないか/6000年で絶滅/島に暮らすうちに小型化?/長寿の島の長寿のシカ/そこにヒトがやってきた
 ◆コラム 石垣島の旧石器人

6 むかしばなしはまだ続く
 サキタリ洞むかしばなし/厳しい暮らし? おいしい暮らし?/石器はどうして見つからないのか/旧石器人は生き続けたか/冬になり,そしていずこへ……?


参考文献
写真提供

上記内容は本書刊行時のものです。