版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
感じて歩く : ルポエッセイ 三宮 麻由子(著) - 岩波書店
...

感じて歩く : ルポエッセイ

このエントリーをはてなブックマークに追加
発行:岩波書店
縦20mm
232ページ
価格情報なし
ISBN
978-4-00-025841-8   COPY
ISBN 13
9784000258418   COPY
ISBN 10h
4-00-025841-9   COPY
ISBN 10
4000258419   COPY
出版者記号
00   COPY
 
出版社在庫情報
不明
初版年月日
2012年6月
登録日
2015年8月20日
最終更新日
2015年8月20日
このエントリーをはてなブックマークに追加

書評掲載情報

2021-04-18 読売新聞  朝刊
2012-08-19 読売新聞
評者: 湯本香樹実(作家)

紹介

「シーンレス」にとって、路上は危険いっぱいの「戦場」だ。でも歩くことは、社会とつながることであり、自分の存在そのものを感じる手段でもある。街の賑わい、草木の揺れる音、小鳥の囀り、人々の言葉、さまざまな風や季節の匂いを愉しく感じながら、今日も歩く。白杖を片手に、あるいは盲導犬やハイテク歩行器具、道行く人たちの助けに支えられながら。障がいの有無を超えて、誰もが歩きやすい=生きやすい社会とは何かを体当たりで綴る本格ルポエッセイ。

目次

1 杖を片手に
2 歩行訓練-自立って何だろう
3 ハイテク歩行の可能性
4 鉄道利用、夢と危険の狭間で
5 風といっしょに-盲導犬物語1
6 犬の一生から考えるパートナーシップ-盲導犬物語2
7 災害と移動支援
8 クォリティ・オブ・ライフとヒューマン・アシスタンス
9 毎日が珍道中-移動のユニバーサリズムを考える
対談 「バイリンガル」で行こう!(ゲスト・多和田悟)

上記内容は本書刊行時のものです。