版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
私の証明 星野 文月(著) - 百万年書房
.
詳細画像 0

私の証明

発行:百万年書房
B6変型判
縦174mm 横112mm 厚さ13mm
重さ 158g
160ページ
並製
価格 1,400円+税
ISBN
978-4-910053-11-0
Cコード
C0095
一般 単行本 日本文学、評論、随筆、その他
出版社在庫情報
在庫あり
書店発売日
登録日
2019年10月12日
最終更新日
2019年12月16日
このエントリーをはてなブックマークに追加

書評掲載情報

2020-02-16 熊本日日新聞  朝刊  2月16日
2020-02-14 日本海新聞  朝刊  2月14日
2020-02-14 週刊読書人  2月14日
2020-02-13 長崎新聞  朝刊  2月13日
2020-02-12 中国新聞  朝刊  2月12日
2020-02-12 愛媛新聞  朝刊  2月12日
2020-02-07 伊勢新聞  朝刊  2月7日
2020-02-07 信濃毎日新聞  朝刊  2月7日

紹介

「自分の姿を知られるのは恥ずかしいと思った。それでも私は書くことに決めた。」

突然、恋人が脳梗塞で倒れて何が何だかさっぱりわからなくなってしまってからの日々を、一般女性が写真と文章で淡々と綴った記録。これは、何百万PVの人気ブロガーの日記でもないし、バズったツイートをまとめたわけでもありません。とある普通の人生における、普通じゃない日々の記録。

【本文より】
会社の飲み会で「そういえば、星野さんって彼氏いるんだっけ?」と聞かれた。何の悪意もない言葉なのに心が痛み、怯んでしまう。有佳子がちらりとこっちを見たような気がした。「あ……います」と言うと、先輩は目を輝かせながら「何をしてる人?」と聞く。何をしている人。それが彼の年齢や性格、どんな仕事をしているのかを尋ねた質問であることはわかっていた。でも、私は答えることが出来ず黙ってしまった。ユウキさんが今どういう状態なのかわからない。どこにいるのか。意識はあるのか。私のことを覚えているのだろうか。私は何も知らなかった。先輩の質問に答えなきゃ、と慌てて作り笑いを浮かべる。これ以上この会話が続かないように祈りながら、当たり障りのない返答をした。飲み会が終わった帰り道、これからは「彼氏はいない」と言おうと決めた。渋谷の歩道橋でたくさんのカップルとすれ違った。なんだか本当にひとりぼっちなったような気持ちになった。

版元から一言

【絶賛コメント続々到着!!】

読み始めは、女の子の心を覗き見するようなやましい気持ちで読んでいたけど、読み終わると優しい気持ちになっていました。本当の自分をここまでさらけ出されると、優しくなるしかないでしょう。
末井昭(エッセイスト)

ある日とつぜん脳梗塞になった恋人とどう向き合うか。寄り添い生きる選択が「強さ」なら、自分だけ人生を楽しんでいいのだろうかと罪悪感を抱きながら別の道を行くのもまた「強さ」ではないか 。
自分の弱さやズルさを隠さずに書ける人を私は尊敬する。名前も顔も一糸纏わぬ姿さえも隠さない星野さんを尊敬する。
こだま(『夫のちんぽが入らない』著者)

星野さんに起こったことは誰もが経験するようなことではないから、そのあらすじがまず興味をひくかもしれない。けれど、読みながらひしひしと伝わってきたのは、「自分が生きている世界に取り残されないように、必死に記録をしている」切実さのほうだった。自分のことを自分のために記録することは、なんとかけがえなく、取り返しのつかないことだろうか。
内沼晋太郎(ブック・コーディネーター/日記屋 月日)

他人の人生から唐突に抜き出されたある時期の日常を盗み、窃視する背徳に心がチリチリする。
中毒性のある快楽。
時間を忘れ貪り読み、圧倒的に他人事として追体験した。
そのはずなのに、彼女が必死で生きた日々が自分の体内で重みを増す予感がして、恐怖する。 どうにもならないことをどうにかしようとするがどうにもならない。そういうリアリティが消化不良となっているようだ。
迂闊に他人の証明を丸呑みする罰か。
花本武(ブックスルーエ)

脳梗塞で倒れた恋人。
その後の日々の想いを、忘れてしまわないようにと綴られた切実な言葉たち。
多くの人にとって、辛い出来事は、いつか忘れてしまいたいことなのに、彼女は丹念に書き続けた。生きることを諦めたくないかのように。
読み進めることは常に痛みを伴うが、ページをめくる手が止まらなかった。止めてはいけない気がした。私はある作品を読んだだけでなく、星野文月を生きてしまった。今はまだ、ユウキさんの「は?」の残響に包まれて途方に暮れているけれど、以前より優しくなれる気がしている。
藤代冥砂(写真家)

言葉にならなかった感情は目に見えない形で漂い、誰にも知られず忘れてしまえば無かったことと同じだ。
この本は私にとって、当時の文月ちゃんを内側から答え合わせするような一冊だった。本来なら知らないまま消えてしまうはずの微かな心の動きを彼女の言葉が証明している。
同時に、無かったことにされた記憶の多さと、その行き場を想わずにはいられなかった。恐らくこの世では数えきれないほどの出来事が残る術を持たないまま透明になる。
水元さきの(イラストレーター)

著者プロフィール

星野 文月  (ホシノフヅキ)  (

1993年7月20日生まれ。長野県出身。言葉を書く。

上記内容は本書刊行時のものです。