版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
評伝ジャン・ユスターシュ 須藤健太郎(著) - 共和国
.
詳細画像 0

評伝ジャン・ユスターシュ 映画は人生のように

発行:共和国
菊変型判
縦188mm 横150mm 厚さ26mm
412ページ
並製
価格 3,600円+税
ISBN
978-4-907986-54-4
Cコード
C0074
一般 単行本 演劇・映画
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2019年4月25日
書店発売日
登録日
2019年4月2日
最終更新日
2019年4月22日
このエントリーをはてなブックマークに追加

書評掲載情報

2019-07-12 週刊読書人    2019年7月12日号
評者: 伊藤洋司
2019-07-06 キネマ旬報  2019年7月下旬号
評者: 野崎歓
2019-05-30 日本経済新聞  夕刊  2019年5月30日付
評者: 陣野俊史
2019-05-23 週刊文春  2019年5月30日号
2019-05-09 POPEYE(ポパイ)  2019年6月号

紹介

1981年11月5日。
ひとりの映画監督が、パリの自室で拳銃自殺を遂げる。
ジャン・ユスターシュ、42歳。

1963年、ポスト・ヌーヴェルヴァーグの旗手として、中篇『わるい仲間』でデビュー。ゴダール、トリュフォーらに絶賛され、将来を嘱望される。1973年、初の長篇映画『ママと娼婦』で第26回カンヌ国際映画祭審査員特別賞を受賞するが、時代や流行に追従しない表現によって毀誉褒貶の評価を浴びる。続く『ぼくの小さな恋人たち』(1974)などによって、フィリップ・ガレルら後続のシネアストに多大な影響を与えるが――。

本書は、この稀有な映画作家に魅せられた批評家が、その生涯と作品を取材や調査によってあきらかにし、伝説化された実像に肉薄する世界初の本格的な評伝。
詳細なフィルモグラフィ、ビブリオグラフィ、人名索引を附す。

目次

第一部 映画は経験のように──『わるい仲間』から『ナンバー・ゼロ』

 第一章「これはマニフェストだと思っていた」
 第二章「きれいでもきれいじゃなくても」
 第三章「『ペサックの薔薇の乙女』は、テレビに反対して撮った」
 第四章「カメラが回れば、映画はひとりでにできあがる」

 
第二部 映画は鏡のように──『ママと娼婦』と『ぼくの小さな恋人たち』

 第五章「あそこは街中のバカが集まる場所なのよ」
 第六章「『ママと娼婦』では、ユスターシュのテクストが主役だった」
 第七章「偽物の客観性を排し、本物の主観性を」

  
第三部 映画は反復のように──『不愉快な話』から『アリックスの写真』

 第八章「ヴァリアントを作るなど論外だ。同じ映画を作り直すこと」
 第九章「ジャンと夕食。編集のせいでアタマが狂いそうだという」
 第十章「もしもし、ピックか?」
  

ジャン・ユスターシュ略年譜
謝辞──後記にかえて 
 
 附録:フィルモグラフィ/書誌/人名索引

前書きなど

《フランスの映画作家ジャン・ユスターシュ(1938-81年)はいわば「神話」であり「伝説」であって、これまで散々に語られてきたかにみえて、資料をもとにした研究とは無縁だった。たぶん、そんな無粋なことは考えるだに野暮と見なされてきたのだろう。
 結局、私にはその野暮な方法しかなかったことになる。自分がほぼ生まれる前の時代について、自分の生まれとは違う国の監督について、自分の母語ではない言語で迫るには、愚鈍になるのが賢明だった。私は作品を見直した。私は書誌を作って洗いざらい読んだ。私はテレビのルポルタージュを見た。私はラジオのインタヴューを聞いた。私は未公刊の資料を掘り起こした。私は関係者の証言を集めた。私は脚本や製作資料や監督の手になる文書を細かく分析した。
 目標は、可能なかぎり資料に裏打ちされた方法で、彼の辿った行程を復元すること。完成された作品を外側から眺めて分析するのではなく、作られていく渦中に入り込み、内側から作品に触れること。創造のプロセスを辿り直すこと。
〔……〕
 これはジャン・ユスターシュの伝記ではない。あえていうなら、ジャン・ユスターシュの作品の伝記である。私は彼に襲いかかった必然性を探し求め、そこから生じた映画たちの人生を記述した。》――「序」より

版元から一言

本書は、「ポスト・ヌーヴェルヴァーグの旗手」として活躍を嘱望されながら、42歳で自ら世を去ったフランスの映画監督、ジャン・ユスターシュの本格的な評伝としては世界初のものです。流行や時代におもねることをせず、一貫して自分のテーマを追いつづけたこの映像作家の生きざまこそ、まさに「リベルタン」と呼びうるものでしょう。

この映画作家に魅せられた著者は、長い年月をかけて、その遺された映像や資料を丹念に分析し、関係者への取材や調査を重ねて、本書を完成させました。文字通りの労作であり、映画研究史に残る1冊になりました。関心のある多くのかたに手に取っていただければ幸いです。

なお、本書の刊行を記念した待望のレトロスペクティヴも実現します。
(詳細については各劇場・会場での発表をお待ちください)
---
ジャン・ユスターシュ特集《映画は人生のように》
---
2019年4月27日(土)~5月9日(木)@ユーロスペース(渋谷)
    5月11日(土)12日(日)18日(土)19日(日)@アンスティチュ・フランセ東京(飯田橋)

著者プロフィール

須藤健太郎  (スドウ ケンタロウ)  (

1980年生まれ。パリ第三大学博士課程修了。博士(映画研究)。
専門は映画史、映画批評。現在、首都大学東京人文社会学部助教。

訳書に、ニコル・ブルネーズ『映画の前衛とは何か』(現代思潮新社)、『エリー・フォール映画論集 1920‐1937』(ソリレス書店)などがある。

上記内容は本書刊行時のものです。