版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
黄禍 王 力雄(著) - 集広舎
.

黄禍
原書: 黄禍

発行:集広舎
A5判
528ページ
上製
価格 2,700円+税
ISBN
978-4-904213-34-6
Cコード
C0097
一般 単行本 外国文学小説
出版社在庫情報
不明
初版年月日
2015年11月
書店発売日
登録日
2015年10月9日
最終更新日
2015年11月11日
このエントリーをはてなブックマークに追加

書評掲載情報

2019-07-07 東京新聞/中日新聞  朝刊

紹介

中国内戦勃発!
それは総書記を狙う一発の凶弾から始まった
中国の崩壊―。国外へあふれ出る膨大な難民。
世界はこの危機にどう立ち向かうのか。
中国で発禁の作家王力雄が描く、戦慄の近未来シナリオ。

『黄禍』は、1999年に香港の雑誌『亜洲週刊』で20世紀の100冊の「最も影響を与えた中国語小説」の中の1冊に選ばれる。本書は、英語版、韓国語版に続く、『黄禍─新世紀版』(2008年、台湾大塊文化出版社)からの完全邦訳版。

前書きなど

『黄禍』の主題は、中共政権がどのような過程を経て瓦解し、それにつれて中国がどのような過程を経て崩壊するかということである。現実の進行過程は当然小説とは異なるが、専制政権は早晩瓦解する。しかも往々予想外のこととして(ソ連の解体が突然のことだったように)。今日、中国の各種の矛盾は深層で沸騰し、今まさに噴火せんとしている。まさにこのような観点から、私は、「黄禍」という事態は中国にとっても世界にとっても遠い将来のことではなく、いつでも思いもかけない時に起こりうるのだと考える。

著者プロフィール

王 力雄  (オウ リキユウ)  (

王力雄(ワン・リーション、おう・りきゆう)
1953年、吉林省長春市生まれ。作家、民族問題研究者。著書に『漂流』(1988)、『黄禍』(1991)、『溶解権力』(1998)、『天葬─西藏的命運』(1998)、『ダライ・ラマとの対話』(2002)、『黄禍 新世紀版』(2008年)、『天葬』(増補改訂版、2009年)など多数,日本語訳は『私の西域、君の東トルキスタン』(集広舎、2011年)。2002年「当代漢語貢献賞」、2003年「ヘルマン・ハミット賞」、2009年「真理の光賞」などを受賞。

上記内容は本書刊行時のものです。