版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
誰が一木支隊を全滅させたのか 関口 高史(著) - 芙蓉書房出版
.

書店員向け情報

書店注文情報

在庫ステータス

在庫あり

取引情報

取引取次: ト|ニ|楽天|中|日教販|八木
直接取引: なし

出版社への相談

店頭での販促・拡材・イベントのご相談がありましたらお気軽にご連絡ください。
9784829507322

誰が一木支隊を全滅させたのか ガダルカナル戦と大本営の迷走

歴史・地理
このエントリーをはてなブックマークに追加
四六判
280ページ
並製
価格 2,000円+税
ISBN
978-4-8295-0732-2   COPY
ISBN 13
9784829507322   COPY
ISBN 10h
4-8295-0732-2   COPY
ISBN 10
4829507322   COPY
出版者記号
8295   COPY
Cコード
C0021
一般 単行本 日本歴史
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2018年2月
書店発売日
登録日
2018年1月10日
最終更新日
2018年3月13日
このエントリーをはてなブックマークに追加

書評掲載情報

2021-10-10 産經新聞  朝刊
MORE
LESS

紹介

無謀な作戦の責任を全て一木支隊長に押しつけたのは誰か? 従来の「定説」を覆すノンフィクション

ガダルカナル島奪回作戦(昭和17年)で一木清直大佐率いる約900名は1万人以上の米軍に挑み、あえなく全滅した。
戦後、「一木は、わずかな兵力でも勝てると敵を侮り、敗れた後は軍旗を焼いて自決した」「一木の無謀な戦闘指揮が敗因」という評価が定着していたが、果たしてそうなのか?
一木支隊の生還者、一木自身の言葉、長女の回想、軍中央部や司令部参謀などの証言をはじめ、公刊戦史、回想録、未刊行資料などを読み解き、作戦の実相を明らかにする。

目次

序 章 事実と異なる「史実」
    一木支隊をめぐる定説への疑問
第一章 なぜ一木支隊長は征くことになったのか?  
軍都旭川/一木清直の生い立ち/心優しい配属将校/盧溝橋事件「本当に攻撃してよろしいんですね?」/歩兵第二十八連隊長として旭川へ/動員下令、一木支隊編成/一木支隊出陣/最後に見た父の背中/一木支隊、宇品へ/南洋に向けて出港/日米開戦、予想以上の戦果をあげる/ミッドウェー作戦は「勝って当たり前」という驕り/一木支隊はミッドウェー作戦に参加する唯一の陸軍部隊
第二章 なぜ一木支隊長は彷徨したのか? 
サイパン島で待機する一木支隊/ミッドウェーへ/洋上の軍旗祭/ミッドウェー作戦敗北の情報操作の余波/置き去りにされた一木支隊はグアム島へ/一木支隊に突然の帰還命令、一転グアム島待機/「海軍がはじめた戦争なら、海軍に責任をとらせりゃいいんだ」/参謀たちも知らなかったガダルカナル島/米軍、ガダルカナル島に無血上陸/米軍反攻の狼煙/米軍の反攻時期を甘く見た大本営/慎重論を押し切って一木支隊のガダルカナル投入を決定/ガダルカナル島を囮にした「第二のミッドウェー作戦」が一木支隊の運命を決めた
第三章 なぜ一木支隊長は厳しい条件を受容したのか? 
翻弄される第十七軍/司令官も参謀長も知らなかったガダルカナルの情勢/ガダルカナル島放棄論と一木支隊即時派遣論/大本営の作為を疑う百武軍司令官/二見参謀長、一木支隊の派遣を決意/過少に見積もられた敵情を信じるしかなかった一木支隊長/「敵は、最悪の場合、一個師団、約一万はいるかもしれません」/一木支隊、運命の島へ出撃/事態の重さを十分に認識していた昭和天皇
第四章 なぜ一木支隊長は攻撃を続けたのか?
ガダルカナル島に上陸/後続を待たずに行軍開始/将校斥候群を派遣/支隊長の焦燥/将校斥候群全滅/窮地に追い込まれた支隊長の状況判断は「前進」/第二梯団の来着を待たずに「行軍即捜索即戦闘」
第五章 なぜ一木支隊長は全滅させてしまったのか?
一木支隊全滅の電報/イル河渡河戦/花海小隊の戦闘/第四中隊の戦闘/第三中隊の戦闘/工兵中隊の戦闘/一木支隊長の最期「軍旗を頼む」/軍旗奉焼/米軍にとってのガダルカナルの戦い
第六章 なぜ一木支隊長の教訓は活かされなかったのか?
不敗伝説の終焉/一木支隊長に全ての責任を押し付けたのは誰か/ガダルカナルの戦いが残した海軍への不信感/川口支隊の攻撃にも一木支隊全滅の教訓は活かされなかった/中央の理想論と現地の現実論が乖離した悲劇に翻弄された二見参謀長/勝ち目なき戦いの連続/ガダルカナル島奪回は陸海軍の重荷に/ガダルカナル島の撤退/百武司令官の自決を思いとどまらせた今村均大将/ガダルカナル戦の教訓
終 章 作為の「史実」

著者プロフィール

関口 高史  (セキグチ タカシ)  (

防衛大学校防衛学教育学群准教授。
1965年東京生まれ。防衛大学校人文社会学部国際関係学科、同総合安全保障研究科国際安全保障コース卒業。安全保障学修士。2014年より現職。「島嶼部の戦いにおける成功要因と教訓:米軍のガダルカナル戦での勝因について」(『陸戦研究』、陸戦学会、2012年9月)、「ガダルカナル戦における一木支隊長の統率―『任務重視型』軍隊の全滅プロセス」(『軍事史学』第52巻第1号、軍事史学会、2016年6月)、「離島奪回作戦の事例研究―ガダルカナル緒戦における教訓 」(『軍事史学』第52巻第4号、軍事史学会、2017年3月)、「一木清直とガ島戦の真実」(『歴史群像』、学研プラス、2017年4月)など、ガダルカナル戦に関する執筆多数。

上記内容は本書刊行時のものです。