版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
流行歌の情景 久米 勲(著/文) - 田畑書店
.

流行歌の情景 歌詞が紡ぎだすもの

発行:田畑書店
新書判
256ページ
並製
価格 1,000円+税
ISBN
978-4-8038-0368-6
Cコード
C0295
一般 新書 日本文学、評論、随筆、その他
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2019年9月22日
書店発売日
登録日
2019年9月12日
最終更新日
2019年10月24日
このエントリーをはてなブックマークに追加

書評掲載情報

2019-11-17 毎日新聞  朝刊
2019-11-05 サンデー毎日    11月17日号
評者: 村松友視

紹介

あの頃の唄が聴こえる
眼前によみがえる昭和
収録歌詞90曲以上、昭和流行歌が映し出す戦後の情景、私たちの姿。切れのいい歌詞解説が歌への思い入れをより一層深くさせます。
新書判エッセイ集形式の戦後歌謡私史。

収録曲「東京の花売娘」「東京行進曲」「かえり船」「リンゴの歌」「夢淡き東京」「星の流れに」「おんなの船出」「鴎という名の酒場」「別れの一本松」「私は街の子」「越後獅子の歌」「あの丘を越えて」「悲しい酒」「みだれ髪」「愛燦燦」「川の流れのように」「伊豆の佐太郎」「白鷺三味線」「潮来笠」「大利根無常」「座頭市」「男はつらいよ」「網走番外地」「嫁に来ないか」「想い出ぼろぼろ」「未練の波止場」「京都から博多まで」「女の海峡」「恨み節」「喝采」「ともしび」「愛と死を見つめて」「連絡船の歌」「津軽海峡冬景色」「涙の連絡船」「港町ブルース」「赤いランプの終列車」「郷愁列車」「愛の終着駅」「悲しみ本線日本海」「北国行きで」「別れの朝」「夜のプラットフォーム」「高原の駅よさようなら」「終着駅」「北国の駅」「ああ上野駅」「よこはまたそがれ」「ブルーライト・ヨコハマ」「伊勢佐木町ブルース」「そして神戸」「長崎のザボン売り」「長崎の鐘」「長崎の蝶々さん」「長崎は今日も雨だった」「長崎から船に乗って」「新宿の女」「圭子の夢は夜ひらく」「命預けます」「新宿ブルース」「なみだの恋」「新宿情話」「紅とんぼ」「からたちの小径」「この世の花」「からたち日記」「哀愁のからまつ林」「人生いろいろ」「若いふたり」「いつでも夢を」「寒い朝」「高校三年生」「花咲く乙女たち」「青春の城下町」「おんなの宿」「さざんかの宿」「風の盆恋歌」「ホテル」「天城越え」「雨」「アカシアの雨が止むとき」「リンゴ村から」「早く帰ってコ」「東京だよおっ母さん」「帰ろかな」「夕焼け雲」「おふくろさん」「こんにちは赤ちゃん」「花街の母」「円山・花街・母の町」「母に捧げるバラード」「時には母のない子のように」「津軽平野」「吾亦紅」

目次

私歌謡「東京の花売娘」
繰り返し「東京行進曲」「かえり船」「リンゴの歌」「夢淡き東京」「星の流れに」「おんなの船出」「鴎という名の酒場」「別れの一本松」
美空ひばり「私は街の子」「越後獅子の歌」「あの丘を越えて」「悲しい酒」「みだれ髪」「愛燦燦」「川の流れのように」
股旅物「伊豆の佐太郎」「白鷺三味線」「潮来笠」「大利根無常」「座頭市」「男はつらいよ」「網走番外地」
女の情念「嫁に来ないか」「想い出ぼろぼろ」「未練の波止場」「京都から博多まで」「女の海峡」「恨み節」
告別「喝采」「ともしび」「愛と死を見つめて」
連絡船「連絡船の歌」「津軽海峡冬景色」「涙の連絡船」「港町ブルース」
汽車・駅「赤いランプの終列車」「郷愁列車」「愛の終着駅」「悲しみ本線日本海」「北国行きで」「別れの朝」「夜のプラットフォーム」「高原の駅よさようなら」「終着駅」「北国の駅」「ああ上野駅」
横浜・神戸・長崎「よこはまたそがれ」「ブルーライト・ヨコハマ」「伊勢佐木町ブルース」「そして神戸」「長崎のザボン売り」「長崎の鐘」「長崎の蝶々さん」「長崎は今日も雨だった」「長崎から船に乗って」
藤圭子「新宿の女」「圭子の夢は夜ひらく」「命預けます」
新宿「新宿ブルース」「なみだの恋」「新宿情話」「紅とんぼ」「からたちの小径」「この世の花」
島倉千代子「からたち日記」「哀愁のからまつ林」「人生いろいろ」
青春「若いふたり」「いつでも夢を」「寒い朝」「高校三年生」「花咲く乙女たち」「青春の城下町」
旅の宿「おんなの宿」「さざんかの宿」「風の盆恋歌」
女の恋の形「ホテル」「天城越え」「雨」「アカシアの雨が止むとき」
故郷「リンゴ村から」「早く帰ってコ」「東京だよおっ母さん」「帰ろかな」「夕焼け雲」
母「おふくろさん」「こんにちは赤ちゃん」「花街の母」「円山・花街・母の町」「母に捧げるバラード」「時には母のない子のように」「津軽平野」「吾亦紅」
あとがき

著者プロフィール

久米 勲  (クメ イサオ)  (著/文

1941(昭和16)年、東京に生まれる。1964(昭和38)年、早稲田大学文学部国文学専修卒、河出書房新社入社。日本文学関連書籍、および雑誌「文藝」の編集に携わる。1979(昭和54)年、退社。編集事務所木挽社設立に参加。1982(平成4)年、退社。以後、フリー。2002(平成14)年より2009(平成21)年まで、青山学院女子短期大学にて講師。著書「不敗の極意『五輪書』を読む」他。

上記内容は本書刊行時のものです。