版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
防災・減災の人間科学 矢守 克也(著/文) - 新曜社
.
ワードマップ

防災・減災の人間科学

発行:新曜社
四六判
280ページ
定価 2,400円+税
ISBN
978-4-7885-1218-4
Cコード
C1036
教養 単行本 社会
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2011年1月
書店発売日
登録日
2012年4月19日
最終更新日
2012年5月28日
このエントリーをはてなブックマークに追加

書評掲載情報

2018-11-03 日本経済新聞  朝刊
評者: 橋田俊彦(気象庁長官)

紹介

◆災害の現場と研究の新たな関係◆

「災害大国」と言われる日本。多くの悲惨な経験を受け、防災・減災を目標にした研究や活動が日々続いています。しかし、計画性や効率性、そして万全の正しさを求めすぎると、それらも、被災した現場や、災害に備える現場からは、かけ離れたものになってしまいます。著者らは、現場に関わるなかで生まれた反省を手がかりとして、「恊働的実践」と「アクションリサーチ」という2つのキーワードを軸に、防災・減災への取り組み方を徹底的に再考します。防災心理学、災害社会学、リスク・コミュニケーションなど旧来の研究分野の枠を超え、災害の現場に寄り添い、現場とともに考えるためのキーワード集です。

目次

目次

まえがき

 第1部 視点と姿勢

1‐1 恊働的実践 
1‐2 アクションリサーチ 
1‐3 ローカリティとインターローカリティ 
1‐4 物語設計科学
1‐5 減 災 
1‐6 安全・安心 
1‐7 災害は忘れた頃にやってくる 
1‐8 自助・共助・公助 
1‐9 エスノグラフィー
1‐10 インタビュー調査 
1‐11 観察と視点 
1‐12 現場に入る技術 

 第2部 災害情報

2‐1 正常化の偏見 
2‐2 ダブル・バインド 
2‐3 ジョイン&シェア 
2‐4 伝える/伝わる
2‐5 災害報道のリアリティ 
2‐6 減災コミュニケーション 
2‐7 防災マニュアル 
2‐8 防災マップ/ハザードマップ 
2‐9 防災計画
2‐10 集合的即興ゲーム 
2‐11 メディア・イベント 

 第3部 被災者支援と災害ボランティア

3‐1 心のケア 
3‐2 喪失とトラウマ 
3‐3 語り部活動 
3‐4 災害ボランティア
3‐5 ボランティアの動機 
3‐6 ボランティア元年 
3‐7 災害ボランティアセンター 
3‐8 秩序化のドライブ 
3‐9 足湯隊
3‐10 ボランティア論 

 第4部 災害復興

4‐1 復興とは? 
4‐2 世直し/立て直し 
4‐3 引き裂く/とり結ぶ 
4‐4 外部支援者
4‐5 軸ずらし 
4‐6 物語復興 
4‐7 復興曲線 
4‐8 待 つ 

 第5部 地域防災と防災教育

5‐1 生活防災 
5‐2 防災と言わない防災 
5‐3 防災教育 
5‐4 正統的周辺参加
5‐5 恊働想起 
5‐6 災害文化 
5‐7 濱口梧陵 
5‐8 クロスロード 
5‐9 ぼうさいダック

あとがき
文献案内
事項索引
人名索引


装幀=加藤光太郎

上記内容は本書刊行時のものです。