版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
占いをまとう少女たち 橋迫 瑞穂(著) - 青弓社
.
青弓社ライブラリー 95

占いをまとう少女たち 雑誌「マイバースデイ」とスピリチュアリティ

発行:青弓社
四六判
縦188mm 横128mm 厚さ15mm
重さ 250g
216ページ
並製
定価 1,600円+税
ISBN
978-4-7872-3447-6
Cコード
C0336
一般 全集・双書 社会
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2019年2月26日
書店発売日
登録日
2019年1月17日
最終更新日
2019年2月28日
このエントリーをはてなブックマークに追加

書評掲載情報

2019-03-16 日本経済新聞  朝刊

紹介

少女向け占い専門雑誌「マイバースデイ」を軸に女性誌やファッション誌にも目配りして、1980年代、90年代、2000年代の少女と占いの関係性を描き出す。宗教ブームやオウム真理教の影響、女性の社会進出なども絡めて、社会的・文化的な背景を解き明かす。

目次

序 章 雑誌「マイバースデイ」とその時代
 1 「宗教ブーム」のなかの「占い/おまじない」
 2 変化する「占い/おまじない」
 3 雑誌とジェンダー

第1章 現代社会での宗教の位置とその変遷――ピーター・L・バーガーの議論を手がかりに
 1 宗教の「世俗化」とは何か
 2 近代化での社会の変容と「世俗化」
 3 宗教の「市場」化と消費者の出現
 4 宗教が若者に見直されるとき
 5 近現代での宗教の再発見

第2章 「マイバースデイ」の「占い/おまじない」
 1 雑誌としての「マイバースデイ」
 2 「マイバースデイ」の「占い/おまじない」
 3 「魔女っこ」の登場
 4 努力としての「おまじない」
 5 読者と「マイバースデイ」
 6 「マイバースデイ」の世界観

第3章 「マイバースデイ」における「手作り」と少女
 1 「ライフスタイル」と「手作り」
 2 「マイバースデイ」の「おまじない」グッズ
 3 エミール・シェラザードによる「おまじない」
 4 イベントでの手作りと「おまじない」グッズ
 5 「マイバースデイ」での手作りとその意味

第4章 一九九〇年代「マイバースデイ」の「占い/おまじない」
 1 一九九〇年代「マイバースデイ」に見られるライフスタイルの記事
 2 一九九〇年代「マイバースデイ」の「占い/おまじない」
 3 「心理テスト」と「ランキング」
 4 「占い/おまじない」の広がりと拡散
 5 「占い/おまじない」から精神世界へ
 6 一九九〇年代「マイバースデイ」の「占い/おまじない」の変化とその役割

第5章 〈知識〉としての「占い/おまじない」の共有と少女――読者投稿欄「ハローバースデイ」の分析から
 1 「ハローバースデイ」の概要
 2 「KH Coder」を用いた「ハローバースデイ」の分析
 3 一九八〇年代「ハローバースデイ」と「占い」の投稿
 4 「おまじない」の創作と共有
 5 一九九〇年代の「ハローバースデイ」
 6 一九九〇年代の「ハローバースデイ」の「占い/おまじない」関連の投稿の特徴 
 7 〈知識〉としての「占い/おまじない」と少女たちの「天蓋」

第6章 女性と「占い/おまじない」――鏡リュウジと女性誌を事例として
 1 活動状況と概要
 2 女性誌の「占い/おまじない」
 3 学ぶものとしての占い
 4 「おまじない」と「魔女」のイメージ
 5 鏡の「占い/おまじない」に対する価値観とその背景
 6 女性誌の「占い/おまじない」の変遷とその内容

終 章 「占い/おまじない」と少女がつむぐ「世界」、そのゆくえ
 1 「宗教の市場化」と「占い/おまじない」
 2 「DIY的宇宙」としての「占い/おまじない」
 3 「占い/おまじない」に見いだされる個人の意識と社会的背景
 4 「占い/おまじない」とオウム真理教
 5 現代日本社会のスピリチュアリティの今後――「おわりに」に代えて

初出一覧

あとがき

版元から一言

1980年代に少女たちの間で流行した「占い/おまじない」は、現代まで多くの女性から支持されてきた。占いはなぜ女性を引き付けたのか、それは女性にとってどのような役割を果たしてきたのか。

少女向け占い専門雑誌「マイバースデイ」(実業之日本社)を軸に女性誌やファッション誌にも目配りして、1980年代、90年代、2000年代の少女と占いの関係性を描き出す。そして、宗教ブームやオウム真理教の影響、女性の社会進出なども絡めて、社会的・文化的な背景を解き明かす。

少女たちの理想像や人間関係を時代ごとに指し示し、宗教の市場化・商品化の役目も担った〈占い〉の社会的な機能を明らかにして、スピリチュアリティと女性たちの現状にも迫る宗教社会学の成果。「マイバースデイ」を当時読んだ読者も必読。

著者プロフィール

橋迫 瑞穂  (ハシサコ ミズホ)  (

1979年、大分県生まれ。立教大学大学院社会学研究科社会学専攻博士課程後期課程修了。立教大学・大正大学非常勤講師。専攻は宗教社会学。論文に「現代日本社会における宗教と暴力――「聖なるもの」と「私」の社会学的考察」(立教大学博士論文、2010年)など。

上記内容は本書刊行時のものです。