版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
金輪際 池田瑠那(著/文) - ふらんす堂
.

金輪際

発行:ふらんす堂
A5判
並製
価格 1,700円+税
ISBN
978-4-7814-1080-7
Cコード
C0092
一般 単行本 日本文学詩歌
出版社在庫情報
在庫あり
書店発売日
登録日
2018年8月9日
最終更新日
2018年9月3日
このエントリーをはてなブックマークに追加

書評掲載情報

2018-12-30 日本経済新聞  朝刊
評者: 関悦史(俳人)

紹介

◆第一句集シリーズ/I
花散るや金輪際のそこひまで

「金輪際」の語をなぜ作者が集名に選んだか。それは散る花によって亡夫の魂を鎮めようという思いと作者が夫の死後も強く生き抜こうという意志からではなかったかと思っている。
(序より・小澤實)

◆自選十句
桜より燃えうつる火やおのれへと
花散るや金輪際のそこひまで
走るまへ腿よく叩く桜かな
東京の闇はむらさきちちろ鳴く
竜宮城洗つて金魚鉢に戻す
玉くしげ箱根に得たる檀の実
月に躁ぐわが細胞や六十兆
君逝きし世界に五月来たりけり
葉桜や鋲に閉ぢたる検死創
我よりの賀状も君が遺品なる

目次

序・小澤 實

黒燿石 平成十六年春より 8
雪原 平成二十一年春より 22
大気の底 平成二十四年春より 35
火の鳥 平成二十七年春より 50

 あとがき
 著者略歴

著者プロフィール

池田瑠那  (著/文

昭和51年11月18日生れ。
平成16年、「澤」俳句会に入会、
小澤實に師事。
平成19年、「澤」新人賞を受賞。
現在、「澤」同人、俳人協会幹事。

上記内容は本書刊行時のものです。