版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
人生斯くの如くか 永峯 清成(著) - 彩流社
.

書店員向け情報

書店注文情報

注文電話番号: 03-3234-5931
注文FAX番号: 03-3234-5932
注文メール: sairyusha@sairyusha.co.jp

在庫ステータス

在庫あり

取引情報

取引取次: ト|ニ|楽天|中|鍬谷|日教販|弘正堂|JRC|日キ販|八木|子どもの文化
直接取引: あり
返品の考え方: 返品常時承諾しています。了解書が必要な場合、玉崎了解でご返品ください。

出版社への相談

店頭での販促・拡材・イベントのご相談がありましたらお気軽にご連絡ください。
9784779127700

人生斯くの如くか 東西お墓巡り

歴史・地理
このエントリーをはてなブックマークに追加
発行:彩流社
四六判
縦188mm 横128mm 厚さ18mm
重さ 285g
268ページ
並製
定価 2,000円+税
ISBN
978-4-7791-2770-0   COPY
ISBN 13
9784779127700   COPY
ISBN 10h
4-7791-2770-X   COPY
ISBN 10
477912770X   COPY
出版者記号
7791   COPY
Cコード
C0020
一般 単行本 歴史総記
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2021年7月
書店発売日
登録日
2021年6月8日
最終更新日
2021年7月16日
このエントリーをはてなブックマークに追加

書評掲載情報

2021-07-31 朝日新聞  朝刊
MORE
LESS

紹介

著名な人の死は多くの場合、劇的であり、葬られた場所は
厳粛な処だ。
たとえその人物が、世に悪人だと言われたとしてもである。
その厳粛さに惹かれた著者が、
若い頃から訪ねた墓地に眠る人の生き様に思いを馳せ、
もし問いかけがあるならば、その答えを思索する異色の紀行書。

目 次

はじめに
  〔日本の部〕
一 正成(まさしげ)の首塚
二 六波羅探題北条一族の墓
三 北条高時の墓
   日野俊基の墓
   護良(もりよし)親王の墓
四 菅原道真の墓
五 支倉常長の墓
六 渡辺崋山の墓
七 江藤新平の墓
八 西郷隆盛の墓
九 平民宰相 原敬の墓

 〔ヨーロッパの部〕
一 カタコンベ
二 山賊ホセマリアの墓
三 「スペイン戦争」犠牲者の墓
四 カルメンと椿姫の墓
五 哲学者ニーチェの墓
六 ウィーンの中央墓地 ベートーヴェンの墓
七 ヒットラーの両親の墓
八 ナチス親衛隊員の墓
九 ユダヤ人墓地

目次

はじめに
  〔日本の部〕
一 正成(まさしげ)の首塚
二 六波羅探題北条一族の墓
三 北条高時の墓
   日野俊基の墓
   護良(もりよし)親王の墓
四 菅原道真の墓
五 支倉常長の墓
六 渡辺崋山の墓
七 江藤新平の墓
八 西郷隆盛の墓
九 平民宰相 原敬の墓

 〔ヨーロッパの部〕
一 カタコンベ
二 山賊ホセマリアの墓
三 「スペイン戦争」犠牲者の墓
四 カルメンと椿姫の墓
五 哲学者ニーチェの墓
六 ウィーンの中央墓地 ベートーヴェンの墓
七 ヒットラーの両親の墓
八 ナチス親衛隊員の墓
九 ユダヤ人墓地

著者プロフィール

永峯 清成  (ナガミネキヨナリ)  (

ナガミネ キヨナリ
名古屋市在住。歴史作家。
著書に、
『楠木一族 上の巻・下の巻』(新人物往来社、1980年)、
『北畠親房』(新人物往来社、1983年)、
『怨みの皇子たち 護良親王と興良親王』
(新人物往来社、1988年)、
『夢法師 徒然草異聞』(新人物往来社、1989年)、
『新田義貞』(新人物往来社、1991年)、
『カルメン発見!  実在した謎の女性を求めて』
(荒地出版社、1993年)、
『楠木一族残党記』(新人物往来社、1996年)、
『カルメン紀行 スペインの幻想とロマン』
(彩流社、1996年)、
『上杉謙信 至誠を貫いた希代の勇将 PHP文庫』
(PHP研究所、1998年)、
『ハポンさんになった侍』(栄光出版社、2000年)、
『スペイン ホセ・マリア伝説 アンダルシアの山賊を追って』
(彩流社、2001年)、
『ヒットラー我が生涯 戦争と芸術と』
(新人物往来社、2007年)、
『ヒットラーの通った道』(新人物往来社、2010年)、
『スペイン奥の細道紀行 バスク・アンダルシア…』
(彩流社、2012年)、
『「講談社の絵本」の時代 昭和残照記』(彩流社、2014年)、
『信長は西へ行く』(アルファベータブックス、2017年)
『これからの日本  活力ある新体制で』(彩流社、2019年)ほか。

上記内容は本書刊行時のものです。