版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
歌集 暁の星 重信房子(著/文) - 皓星社
.

書店員向け情報 HELP

書店注文情報

注文電話番号:
注文FAX番号:
注文サイト:

在庫ステータス

在庫あり

取引情報

取引取次: ト|ニ|楽天|日貿|JRC|新日本|八木|子どもの文化
直接取引: あり
返品の考え方: 常時承ります。了解が必要な場合は晴山了解でお戻しください。

出版社への相談

店頭での販促・拡材・イベントのご相談がありましたらお気軽にご連絡ください。
9784774407654

歌集 暁の星

文芸
このエントリーをはてなブックマークに追加
発行:皓星社
A5判
192ページ
並製
価格 2,000円+税
ISBN
978-4-7744-0765-4   COPY
ISBN 13
9784774407654   COPY
ISBN 10h
4-7744-0765-8   COPY
ISBN 10
4774407658   COPY
出版者記号
7744   COPY
Cコード
C0092  
0:一般 0:単行本 92:日本文学詩歌
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2022年5月30日
書店発売日
登録日
2022年3月15日
最終更新日
2022年6月1日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

テロリストと呼ばれしわれは秋ならば桔梗コスモス吾亦紅が好き

元日本赤軍リーダー・重信房子が21年に及ぶ刑期を終え、この5月に出獄する。本書は獄中で書き溜めてきた短歌をまとめた第二歌集。著者は革命の日々を、連合赤軍事件で粛清された友・遠山美枝子を、現在の世界の悲惨を、二十数年にわたり詠み続けて来た。本書の歌は、著者の踠きと葛藤の発露であると同時に、歴史の証言でもある。

「海外で暗躍すること四半世紀を超え、国内での潜伏と獄中の日々、重信は一体、この斬新で清潔な文体をどこで獲得してきたのだ。……戦い死んでいった同志への哀悼に、柔らかな心の襞を涙で濡らし続けてきたのだろう。」(福島泰樹「跋」より)

アネモネの真紅に染まる草原に笑い声高く五月の戦士ら
空港を降り立ち夜空見上げればオリオン星座激しく瞬く
雪中に倒れし友の命日に静かに小さな白き鶴折る
津波燃え人家逆巻き雪しきり煉獄の闇 生き延びし朝
パレスチナの民と重なるウクライナの母と子供の哀しい眼に遭う

目次

序章  2019.5,2022.5
五月の戦士たち-リッダ闘争五十年
ナクバの日-ナクバとは「大惨事の日」

Ⅰ 2022.1~2022.2
暁の星
ウクライナ

Ⅱ 2021.1~2021.12
一月尽
早春賦
老囚
星一つ
ガザ
砂漠
空襲
百日紅


胸底
喉仏

Ⅲ  2020.1~2020.12
逆夢
雪山

鉄格子

黄昏
行進
蟬時雨
一炊の夢
星座
獄二十年
コロナ

Ⅳ  2019.7~2019.12
反逆の子
埋め火
彼岸花
逆光
或る秋
黒い字
オリオン

終章 2019.3,2022.3
三月哀歌

跋 戦士たちはわが胸に棲み 福島泰樹
あとがき 重信房子

栞(挟み込み)
足立正生 革命の言霊を詠む!
田中綾 愛のゆくたて
四方田犬彦 死と再生の歌

前書きなど

あとがき 重信房子
 人が短歌を詠み始めるきっかけは何だろう、と思うことがあります。人各々に動機がある筈です。
私は有名・無名の人々の歌を何かの折に読んで共感する時、ノートに書き記し、この人はどんな気持からこの歌を詠んだのだろうと考えるのが好きです。この人の初めの歌はどんな歌で、どんなきっかけだったのだろう、そんな想像は気持を豊かにしてくれます。私が獄に囚われているせいかもしれません。想像はどこまでも自由に広がり、軽々と鉄格子を越え監視や規則の獄から私を解放してくれます。
 私は獄に囚われて初めて短歌を詠むようになりました。二〇〇〇年の逮捕以来、文通も面会も「接見禁止」の状態が約七年続き、監視と規則の中で自由に向かって弁護士に手紙を書く日々。獄という緊張の包囲の中、心に抱いたもどかしい本音や記憶のなかの情景が、自然にことばとなって零れはじめました。三十一文字が一番自由に記憶や問題意識を形象(かたち)にしてくれるような気がして、二〇〇一年から短歌を詠み始めたのです。
以来、一日一首以上何首も零れるままに書き留めて、短歌は獄中生活の一部となり、心の拠り所にもなって いきました。……(以下略)

著者プロフィール

重信房子  (シゲノブフサコ)  (著/文

1945年9月28日東京都世田谷区生れ。65年明治大学2部文学部史学科に入学、69年卒業、同年政治経済学部政治学科に学士入学。67年社会主義学生同盟(ブント)に加入。71年2月、奥平剛士と結婚し日本を出国。73年3月、娘メイを出産。2000年11月、大阪で逮捕された。10年8月、懲役20年(未決勾留日数2991日を含む)の刑が確定。服役中に短歌を始め、2019年より福島泰樹主宰「月光の会」に参加する。2022年5月に出獄。
著書に、『わが愛、わが革命』(講談社、1974)、『ベイルート 1982年 夏』(話の特集、1984)、『りんごの木の下であなたを産もうと決めた』(幻冬舎、2001)、歌集『ジャスミンを銃口に 重信房子歌集』(幻冬舎、2005)、『日本赤軍私史-パレスチナと共に』(河出書房新社、2009)、『革命の季節 パレスチナの戦場から』(幻冬舎、2012)などがある。

上記内容は本書刊行時のものです。