版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
音大崩壊~音楽教育を救うたった2つのアプローチ~ 大内孝夫(著/文) - ヤマハミュージックエンタテインメントホールディングス
..

音大崩壊~音楽教育を救うたった2つのアプローチ~

教育
このエントリーをはてなブックマークに追加
四六判
縦188mm 横128mm 厚さ16mm
重さ 300g
264ページ
定価 1,600円+税
ISBN
978-4-636-97832-2   COPY
ISBN 13
9784636978322   COPY
ISBN 10h
4-636-97832-3   COPY
ISBN 10
4636978323   COPY
出版者記号
636   COPY
Cコード
C0037  
0:一般 0:単行本 37:教育
出版社在庫情報
不明
書店発売日
登録日
2022年4月5日
最終更新日
2022年5月3日
このエントリーをはてなブックマークに追加

書評掲載情報

2022-08-06 朝日新聞  朝刊
評者: 神林龍(一橋大学教授・労働経済学)
MORE
LESS

紹介

現在、音楽大学が危機に瀕しています。
経営難に喘ぐ音大が急増し、教育環境の低下や学生募集を停止した大学も出てきており、この流れはさらに加速していくことが予想されます。
その理由のひとつは、少子化を大学進学率の上昇が凌駕し、大学生数そのものは増加しているにもかかわらず、音楽大学は大幅な学生数減少に見舞われていることにあります。
ではなぜ音大に学生が集まらなくなってきたのでしょうか?

昨今の世界の情勢や社会状況を背景に、音楽をはじめとする芸術教育の意義や役割が大きく変わることが想定されます。
そのなかで音大の衰退は、単に音楽教育の牙城が崩されるというだけでなく、日本の文化・芸術の劣化、ひいては日本の将来に直結する重大な問題となり得ます。
また音楽を学ぶことは、芸術性や演奏スキルを高めるというだけでなく、これからの時代を生き抜くヒントやスキルを身につける、という意味を持ちます。
そして音大は、音楽を学ぶ場所というだけでなく、日本に必要となる人材を輩出する拠点となり得るのです。

本書では、音大が置かれている隠された状況を解き明かし、音楽を学ぶ本当の意味を問い直します。そのうえで、音大が生き残るための戦略を提示するものです。
音大はどこで道を間違えたのか?
生き残るにはどうしたらよいか?
音楽を教える意味、学ぶ意味は何か?
数々のデータから音大の危機を明らかにし、この先の音楽教育の道筋を示す衝撃作!

【これからの芸術教育を考えるヒントが満載!】
○「ヤバい音大」を見分ける3つのポイント
・夢を諦めさせない教育方針
・意識を変えられない教員の多い大学
・ガバナンスの弱い大学

○これから生き残る人材を育てる?
・正解がない問題に向き合う
・命と健康のありようを考える
・心のありようを考える
・おカネへの理解を深める

目次

【目次】
■第1章 音大は何を間違えたのか?
・すばらしい学びの環境
・定員減、定員割れの負の連鎖
・音大が大幅に学生数を減らした原因
・女子音大生半減!?の衝撃
・音大生減少の背景
・社会や意識の変化が大学に及ぼした影響
・音大は何を間違ったのか?
・「ヤバい音大」を見分ける3つのポイント
・「音大崩壊」は、日本を衰退させる!

■第2章 日本の音楽教育が無視した7つの視点
・『音楽万歳』に見る警鐘
・(1)演奏家の志、音楽を学ぶ目的
・(2)聴衆育成
・(3)音大教員のあり方
・(4)義務教育としての音楽
・(5)世界の中の日本の音楽
・(6)新しい楽器対応
・(7)生涯の学びとしての音楽

■第3章 音大生のスキルは日本を救う!
・音大生のスキル・能力とは?
・(1)学びに向かう力と人間性
・(2)知識及び技能
・(3)思考力、判断力、表現力
・スキル・能力の源泉
・音大7不思議

■第4章 音楽教育の本当の威力
・学習指導要領の変遷
・学力と読解力の低下
・読解力低下の行き着く先
・音楽教育の位置づけ
・世界各国で芸術教育に力が入らない理由
・芸術教育が持つ威力(1)――イノベーションの源泉
・芸術教育が持つ威力(2)――高い普遍性
・芸術教育が持つ威力(3)――「世界の共通語」としての音楽
・日本の学校教育の問題点

第5章 音楽を学ぶ真の目的
・「生きる力」だけでは生きていけない現実
・文科省の学習指導要領に代わる3本柱とは?
・修正版「生きる力」
・「稼ぐ力」とは、新しい時代に合った「成果のあげ方」のこと
・「強み」を「稼ぐ力」につなげる

■第6章 スポーツにできて、音楽にできないこと
・音楽とスポーツの格差
・組織化できなかった音楽業界
・「ゲーム理論」でわかる音楽業界の問題点
・イメージ戦略の失敗
・スポーツをヒントに、楽器をもっと身近な存在に
・楽器を広げる主役は大人
・新たなブームがスポンサーを呼ぶ
・子どもの音楽教室の未来は暗いか?
・音楽庁創設に向けて

■第7章 激変する世界情勢とこれからの日本
・アジア新時代への突入
・国力低下の脅威と真のグローバリズム
・国力を維持するために
・スポーツ、美術、音楽の指名
・これまでの日本と、これからの日本

■第8章 無形資産から「生きる力」を生み出す教育とは?
・人を育てるには大学以前の教育から変える
・現在の学校教育の問題点
・学校教育がもたらした功罪
・教育内容を見直し、ベンチャー型人材を育てる
・全員一律教育を見直し、文化国家を目指す
・教育改革を阻むもの
・「専門学校化」のなかで大学が生き残る道

■第9章 「音大崩壊時代」の5つの戦略
・音大復活の必要性
・音大復活に向けた戦略
・(1)音楽教育機関の連携
・(2)目的別のコース設定とグループレッスン・オンライン授業の活用
・(3)多様な音楽が学べ、需要のあるテクニックが身に付くカリキュラム
・(4)他大学や専門大学との連携
・(5)生涯社会人学習の場の

上記内容は本書刊行時のものです。